ダイエットもほどほどに

●ダイエットはほどほどに・・・
無理なダイエットで、身体が飢餓状態になると、次に摂った食事をすべて吸収してしまいます。
ダイエットもほどほどに。

さて、先回、健康について書きました。
今回は、健康維持の上で、基本となる肥満の怖さについてお伝えします。

どうして太っているといけないのでしょうか?
人間にはある程度の脂肪が必要で、体温を保つための保温材の役目をしたり、緊急時のエネルギー源として必要となります。

ところが、必要以上に脂肪がついてしまうと、内臓脂肪が過剰に蓄積され、内臓脂肪細胞では高血圧の原因物質(アンジオテンシノーゲン、レプチン)、糖尿病の原因物質(TNF-α)、高脂血症の原因物質(遊離脂肪酸)、心筋梗塞の原因物質(PAI-1)などが盛んにつくられ始め、体内に放出されることが分ってきました。

こんなことから、肥満が問題となっています。

次回は、肥満が引き起こす病気の中でも、気付かないうちになってしまっている病気についてお伝えします。

10年以内に死なない、30,40代ネット、営業系関係者の健康法 (簡単にできる運動方法紹介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です