そもそも「ガン」って・・

運動すると健康になるとはよく言われますが、なかなか実行できないのが現実ではないですか?
有酸素運動を週3回とか、1週間に120分以上と言われてもなかなかできないもの。
息が切れるくらいの運動を、たまにされるだけでも効果があるんじゃないでしょうか??

さて、昨日、健康診断についてお知らせしましたが、実は、健康診断も実施する内容によって金額が変わるんですね。
血液検査をするか、心電図をとるかで金額が変わるんだそうです。

つまり、会社によって受診項目が変わるようです。
そうなると、個人のレベルで何とかする必要が出てきますね。

ところで、「ガン」ってそもそもどんな病気なんでしょうか?

人間って、もともとは1つの受精卵が体細胞分裂して生命体を築いている。
それぞれの細胞が分裂したり分化したり増殖する遺伝子を持っています。
その遺伝子に傷がつくと、ガン化していくと言われているそうです。

とはいえ、傷ついたからすぐにガンになるというわけではなく、ガンを抑制する遺伝子も存在しています。
ところが、その抑制を突破してガンとして発症するまでには、10年、20年という年月がかかると言われています。

ガンを発症する要因は、加齢、喫煙や飲酒、ストレス、栄養不足、睡眠不足、環境汚染、ウイルス感染など、さまざまな要因が蓄積することが影響していると言われています。

つまり、ガンにならないためには、これらの要因をできる限り避けることが重要になってくるということになります。

1日13分の視力回復

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする