デジタルの不思議

最近では、愛煙家の肩身が非常に狭くなっています。
かくいう私も、12年ほど前までは吸っていましたが、社内での喫煙も不自由になり、ひとおもいに止めました。
実際のところ、たばこ代は使わなくなりましたが、そのほかのものを買うので、お金が残ることはありませんでしたが。

さて、皆さんは確定申告はされたことがありますか?
私は仕事柄、確定申告をさせてもらいます。
毎年、e-TAXでの申告をしていたのですが、昨年のWin10へのバージョンアップから、どうも住基カードのリーダーとの相性が悪くなってます。

昨年はソフトのバージョンアップで対応できたのですが、今年はそれもままならず、結果として、確定申告会場まで出かけてきました。
ただ、そこにあるe-TAXの機械というのは自宅で実施する確定申告とは全く違って、住民基本台帳カードやマイナンバーのカードは読み込まない。
何の意味もない、なんちゃってe-TAXだそうです。

ちゃんと、申告の準備の段階で機械の設定は大丈夫か確認しているのですが、いざ最後の送信の段階になって読み込み不良に。
なんなんだ、この不具合は?と思ったのですが、考えられるのは、国税局の側のソフトの設定しか行きつかない。

「使ってください」と言いながらシステムが追い付かないという、いかにもお役所的な仕事にちょっと憤り。

ちょっと前の話で申し訳ないですが、以前、自動車販売店で働いているときの話です。

初めてデジタル信号になった車が発売になりました。
そのときに実際にあった事例ですが、ナビゲーションが突然消える。
はたまたオーディオが突然鳴らなくなる。
かと思えば、デッキが認識できなくなる。といった事態が発生しました。

結論から言うと、上記の3つの機械はすべて正常に動いていました。
全く故障していません。
が、この3つが組み合わさるとうまく動かなくなる。という、摩訶不思議な現象に陥っていました。

結果、単に相性が悪い!という理由で動かないということです。

0か1の世界で、0以上1以下の数字をどの範囲で切り上げるのか、それで動きがまったく変わってしまうという話でした。

その当時、この3つの機械はそれぞれ別々のメーカーで作られていました。
結局、それが問題であったということですが、販売店レベルではお手上げの状況です。

おそらく、いまのPCの世界はそのレベルからもっと高度になっているでしょうが、今でも「相性」で片づけられてしまうのでしょうか?

推進したいのであれば、それに見合うだけの対応をしてもらわないと、いざ、利用しようというときに使えないでは話になりません。

そのあたり、お役所って使う側のことを考えてことを進めてもらえないのでしょうか??

やはり国産の安心感です。私もユピテルを使っています。(以前、輸入品を使っていたら、肝心なところが映っていなくて意味ないじゃん)

結構いいです。




川村明宏のジニアス記憶術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする