3月11日

なにをおいても、忘れてはいけない日のうちの、1日だと思います。
3月11日。

名古屋からは東北寄りも神戸の方が近く、阪神淡路大震災の方が思いが強いかといえば、正直、東日本大震災の方がより忘れてはいけない感を強く感じています。

決して神戸のことを軽く見ているわけではないです。
が、神戸の時はあの津波がなかったからなのでしょうか?
津波の怖さ、すごさを痛感させられて気がします。

あれから5年。
いまだに復興した感がないことも、思いを強くさせているのかもしれません。

保険の仕事を初めて1年が経過した頃でした。
名古屋でもすごい揺れを感じました。
クルマの中で、「何ごとが起きた??」と状況がわからず、おろおろしていた気がします。

すぐにテレビに切り替え、確認しました。

その後に津波が襲ってきました。

保険業の人間として、なにができるか?ではなく、なにをすべきか?を学んだ気がする3月11日。

契約者の方をまわって、消息確認し、残念ながら亡くなられた方には給付しと、東北のメンバーはそれこそ自分の家族よりも契約者の方をまわっていたそうです。

そうすることが、自分ができる最低限で最大限のことと認識しました。

名古屋もいつ、大地震が襲ってくるかわかりません。
そんなことがないことを祈りつつ、もし、そんな事態になったら、なんとしても自分は生き延びて、契約者の方をまわろうと思います。

自分の立ち位置を再確認できる3月11日です。