兵器と平和利用

今日はちょっと変な話を・・。

決して私が戦争賛同者であるという意味ではないですが、戦争に使われた兵器が平和利用され、人間社会で活用されている現状について、ふと感じたことがあって。

いろんな道具は決してその道で使われるために発明されたり、発見されたわけではないと思います。
銃であったり、ダイナマイトであったり・・。

ちょっと違いますが、銃というのは右利き用にしか作られていないので、かつて左利きを矯正させられたという話を聞いたことがあります。

そして、それとは反対に、戦争の兵器ではないですが、戦争によって進化したものが、義手であったり義足であったり・・。

そもそもはケガした兵士を、再び戦場に送る目的で進化したものであるとか。
つまり進化の元は、戦争であった。

それを踏まえて思うことは、恐ろしい兵器の原子爆弾が、電気をつくる原発に利用されている現状をどう考えるのか??ということ。

水力・火力・原子力・太陽光など、発電方法はさまざまですが、どれも一長一短ある気がします。
どんなものでもメリット・デメリットがありますが、商売人の基本は、結果、効率。

同じ儲けるなら出費は少ない方がいい。
そんな思いの下、原発も普及したと思います。
改めて、便利と安全を考える必要があるのかな・・と痛感します。

こんなときだからこそ、応援のために








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする