飼料米

飼料米という言葉をお聞きになったとこはありますか?

最近、20代男性の5人に1人は、1か月で全くお米を食べないとか。
私のような、典型的昭和人間からすれば、食事の基本は「お米」というイメージなんですが。

なんでも、20代の男性とかは、焼肉とかでもひたすら肉ばかりを食べるんだとか。
私のような人間は、焼肉のお供は”ビール”と決まっていますが、最近は、酒も飲まない人も多いようです。

そんな話を、いつもお米を購入しているお米屋さんで聞きました。

では、需要が減っているからお米の価格が下がるか?というと、そうでもないそうです。

前回、福島県産のお米が非常に値打ちに並んでいました。
理由を聞いたら、いまだに風評被害で値段が上がらない・・とのことでしたが、だんだんと福島産のものも値段が上がってきているとのこと。
その理由も確認したら、「飼料米って、ご存知ですか?」と聞かれました。

正直、初耳の言葉。
「なんですか?」と聞き返したところ、なんと、飼料にまわすお米の生産が増えて、人間が食べるお米の生産者が減っているとか。

では、その飼料米ってなんだろう?と調べてみたら、こうです。
17_040_041-s
リンク貼っておきました。

簡単に言えば、輸入の価格が上がってきている家畜飼料と可への転用ということですよね。
ある面、理に適っているかも。

とはいえ、人間が食べなくなって、家畜が食べるというのはなんとなく合点はいきませんけど。

それよりなにより、私もそうなんですが、グルテンによる体調不良が、かなりの割合で起きているようですね。
女性に多いようですが、パン食の方に、このなんだか調子が悪い・・という人が増えているとか。

腸内環境を整えるとかあるようですが、基本は少し、断食するのもいいようですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする