その時の流行り

先日、お客様のところで話していたことなんですが、建物にも流行りがあって、その時代でいろいろ特徴があるようです。

例えば学校。
私の母校もそうだったのですが、なぜか外来者の玄関が2階にあった。
school

昭和50年代に建設された学校の多くは、どういうわけかこの手の建物なんだとか。

そして、一般家庭でもある年代から使われ出したサイディング。
siding-morutaru

これが問題で、何年かで劣化し、塗り直しをする必要が出てくる。
施工業者に聞くと、「モルタルの方がよかったのに・・」と言われても、当時、そんな知識もなく、言われるがままに建てたらあとから出費が。

そして、お風呂もそう。
床の材質によって、カビの生え具合も違うそうで。

ただ、どうやってもカビの発生を防ぐことは無理。
ちゃんとふき取ることが大事だそうです。

いくら水をまこうが止められない。
(水をかけても、菌の活動が止まるだけで、温度が戻れば活動再開という話も)

結局、手間をかけなきゃダメなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です