三大疾病

保険に携わる身として、これについてはお伝えしておかなくては。

最近の保険では、特定の病気、いわゆる三大疾病にかかった場合、翌月からの保険料の引き落としが免除されるといった、保険料免除特約というのが拡がってきています。

ガン、心臓、脳の病気で、多くの場合、その後の就労に制限がかかったりします。

ただ、この「三大疾病」という言葉でまとめられている病気ですが、会社によって、その範囲はバラバラです。

こっちの会社では、この病気は対象外だ。
とか、
あっちの会社は、これも対象だ。
みたいな。

単に、毎月の保険料だけでなく、「なにをどうしたい」という明確な意図がないと、どこの保険に入るか?が決まりません。

ただ1つ言えるのは、「保険に入らなきゃ…」と思った時が加入のタイミングです。

そろそろ、これの季節ですね

業界の常識=社会の非常識?

私自身も陥っていそうでちょっと怖いんですが、「自分たちの当たり前」は、普通の人にとって「異次元の世界の話」だったりすることないでしょうか?

例えば、結婚したら奥さまのために保険に入る。
とか、子供さんが出来たら、お子さんの保険に加入する。

業界人にとっては、その節目というのは完全に「商売のタイミング」になってしまっている気がします。

そして、それがお客さまである一般の方との見解のズレとなり、軋轢ができる。

どんなに美辞麗句を並べようと、「売ること」=「自分が儲かること」の構図は間違いないわけです。

なので、「悪徳営業マン」や「悪徳不動産屋」と呼ばれる存在ができる。

そしてまた不思議なことに、そう呼ばれる人からみなさん買う。
買ったあとで、「あの人、悪徳営業マンだったわ…」となるわけですが、やっぱりそういう方は商売上手なんでしょうね。

自分への戒めも込めて。

花粉症対策、してますか?

アレルギー

みなさんは、アレルギーはお持ちじゃないですか??

かくいう私、特にアレルギーはないつもりでしたが、年齢を重ねて乾燥肌やじんましん的なしっしんにさいなまれる日々です。

ただ、なんとか花粉症はいまのところなりを潜めていますが、いつ発症するかわかりませんからね。

特にこの花粉症、いろいろな対処法があり、その中でも最近、話題になってきたのが、鼻腔内のレーザー治療。

一時的にやけど状態にする感じなのでしょうか?
そのことで、花粉を感知させなくするようですが、この治療、かつては医療保険の対象だったのですが、いまでは対象から外されています。
理由は簡単、毎年、治療を受ける必要があるから。

やはり体質改善が大切ですよね。

こんな方法もありですよね。

頭浸浴

頭浸浴って耳にされたこと、ありますか??

先日、ラジオでこの話題が出ていたので試してみました。

確かに、気持ちいいですね。

いろんな入浴法が紹介されていますが、どれも長続きしないのが問題かも。

とはいえ、やってみることに意義があるのかもしれません。

どうやって出かけるか、考えることが大事ですよね。