熱中症と水分補給と腎臓障害

最近では、夏場だけでなく、冬でもきちんと水分補給しないと、熱中症になる!なんて言われます。

実際に、人の体はこんな風に水分がおよそ半分以上。

では、水分はたくさん摂ればいいのか?というと、そんな簡単なことでもないようです。

欧米の食生活では肉類の摂取が多いわけですが、それらを代謝する際に水分が必要となり、そのためにたくさんの水分を摂取しているようです。

翻って、日本人の場合、食生活の基本は穀物。
それを代謝する際には、水分が発生するようです。

その上でさらに水分を摂取すると、過剰になった水分を尿として排出しようとします。
尿を作る際に、必然的に腎臓が働くわけです。

かといって、足りなければ熱中症になるわけです。

水分はちょっとずつ摂れば大丈夫と聞いています。
がぶ飲みではなく、少しずつ飲まれるのもありじゃないでしょうか。

ちなみに私は、夏場でも熱いお茶を飲んだりしています。
がぶ飲みすることもないので、これもありなのかな?と思っています。

もうダラダラが気にならない。原因をトータルケア!初回限定1980円

ママも安心!子どもの伸び盛りの成長を支える栄養応援飲料!初回限定20%OFF!

全国の格安レンタカーを一括比較・検索予約【skyticketレンタカー】

家族全員の靴が揃う

靴とマットレスの公式通販サイト【アキレスウェブショップ】


国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です