口座の凍結

おそらく耳にされたことはあっても、実際に体験したことはないと思うのが、口座の凍結。

どんなときに口座が凍結されるのか?というと、公序良俗に反した場合や税金の滞納があった場合のようです。

そして、我々が一番遭遇する可能性が高いのが、「口座名義人の死亡」による口座凍結。

通常は、銀行側が本人に死亡を確認した際に凍結となります。
かつては、お役所から連絡が回っていて、あっという間に凍結されたという話を聞いたことがありますが、最近ではどうやらそうでもないみたいです。

では、凍結されてしまった場合、どのように凍結を解除するかというと、法定相続人の全員分の印鑑証明書と実印の押印が必要になります。

お子さんがいらっしゃる場合は、お子さんの印鑑証明書と押印、配偶者の印鑑証明書と押印で手続きできますが、お子さんがいらっしゃらない場合、相続人に親が加わります。
もし、親がすでに他界されている場合、その代襲相続でご兄弟に相続権が移行します。

ということは、義理のご兄弟の印鑑証明書と押印が必要になる・・ということです。

何度もあることではありませんが、頭に入れておくと役に立つかもしれませんね。

 

口臭・体臭にはshunax

【カラフルアイズ】人気モデル・ブロガーも愛用!カラコン通販 【ColorfulEyes】(カラフルアイズ)

全国の格安レンタカーを一括比較・検索予約【skyticketレンタカー】

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

老後の準備は万全?【保険見直しラボ】-無料相談-

太陽に負けない、全身美容対策サプリメント【FREUV】

消臭サプリメント

\選べる!全12種類のシートが人気/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です