8対2の法則・・その1

みなさんも、世の中には8対2の法則がある!なんて話は聞かれたことがあると思います。

よく言われるのは、ありの中でも、8割はきちんと働くのに対し、2割は働かないありがいるという話。

ところが、働かない2割を取り除くと、残った8割の中で、また8対2が生まれる。
反対に、8割の働くありの数が減ると、働かない2割の中から一部が働くようになり、結果として8対2が成り立つとか。

私自身、研究者でもありませんから、これが本当なのか?と聞かれても返す言葉に困りますが、よく言われていますよね。

ただ、これ、もう少し掘り進むと、2対6対2になるんだとか。

つまり、このありのケースで言うと、2割がよく働く。
6割は普通。2割は働かない。
ということのようです。

先日、ある仕事のお手伝いをしたのですが、その時に、「ほんとに才能ないのかな??」と思わされる事案に直面しました。

ところが、だれにもこの2対6対2は当てはまる。
たまたま、当たるタイミングが悪かったのではないか?と、愚痴っている中で話がまとまりました。

例えば、1日何件の成果を出す。
そのためには、どれだけのアプローチが必要なのか?
また、どうすれば効率よくできるだろうか?などと考えますよね。

誰しもに嫌われたくないという気持ちは必要でしょうが、こういった割り切りも必要なこと、再認識です。

とはいえ、この割り切りが通用する会社とそうでない会社がいまでも多い気がします。

人間、そんなに器用ではありませんよね。

口臭・体臭にはshunax

【カラフルアイズ】人気モデル・ブロガーも愛用!カラコン通販 【ColorfulEyes】(カラフルアイズ)

全国の格安レンタカーを一括比較・検索予約【skyticketレンタカー】

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

老後の準備は万全?【保険見直しラボ】-無料相談-

太陽に負けない、全身美容対策サプリメント【FREUV】

消臭サプリメント

\選べる!全12種類のシートが人気/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!