本質って・・

熊本地震が発生して、2週間ほどになりますね。
まだまだ余震が続いていますし、一朝一夕に復旧できるとは思いません。

そんな折に見かけたこのページ。
ちょっと心打たれたので、ご覧になってください。

ことばのチカラ

このところ、理由もなく反対したり反論したり・・がある気がします。
そして、それが活動資金を得るための行動だったりもあったりするようで。

それが結果、戦争につながったりするんでしょうか??
おかしな話です。

熊本に行くことも支援ですよね
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

非常持出セット BOOKタイプ (ウオーターバック・非常用持出袋・LEDライト・非常用ローソク・防災ハンドブック・軍手・ロープ・笛・マスク・アルミ温熱シート)

価格:2,160円
(2016/4/27 19:48時点)
感想(0件)

兵器と平和利用

今日はちょっと変な話を・・。

決して私が戦争賛同者であるという意味ではないですが、戦争に使われた兵器が平和利用され、人間社会で活用されている現状について、ふと感じたことがあって。

いろんな道具は決してその道で使われるために発明されたり、発見されたわけではないと思います。
銃であったり、ダイナマイトであったり・・。

ちょっと違いますが、銃というのは右利き用にしか作られていないので、かつて左利きを矯正させられたという話を聞いたことがあります。

そして、それとは反対に、戦争の兵器ではないですが、戦争によって進化したものが、義手であったり義足であったり・・。

そもそもはケガした兵士を、再び戦場に送る目的で進化したものであるとか。
つまり進化の元は、戦争であった。

それを踏まえて思うことは、恐ろしい兵器の原子爆弾が、電気をつくる原発に利用されている現状をどう考えるのか??ということ。

水力・火力・原子力・太陽光など、発電方法はさまざまですが、どれも一長一短ある気がします。
どんなものでもメリット・デメリットがありますが、商売人の基本は、結果、効率。

同じ儲けるなら出費は少ない方がいい。
そんな思いの下、原発も普及したと思います。
改めて、便利と安全を考える必要があるのかな・・と痛感します。

こんなときだからこそ、応援のために








日本人とボランティア

皆さんにおたずねですが、「寄付」とか「募金」に積極的に取り組んでらっしゃいますか?

個人的な感想として、日本人って「寄付」とか「募金」というものに対して、非常に消極的だと思います。

アメリカ人とかだと、この辺りは非常に上手で、正直、自分を売り込むことにうまく活用しますよね。
“日本人とボランティア” の続きを読む

入院時の食費

入院したくて入院する人はいないと思いますが、入院していても必要になるのが食事。
病気をしたからおなかが減らないということはないわけで・・。

その入院時の食費ですが、この4月から金額が改訂され、これまでの1食260円から1食360円になりました。
単純に1日300円の値上げ。(所得により、減額があります。)

もちろん、300円上がったから「これまでの入院の保険では対応できません!」というつもりはないですが、2年後の平成30年には1食460円に上がります。
つまり、1日に1380円かかることになります。

高額療養費の一般的な収入の家庭の場合の上限、80100円はすぐに変わることはないはずです。
が、この3月までと比較すると倍くらいの費用負担になります。

いまのままで安心できるのか、確認するにはいいタイミングなのかもしれませんね。






ストレス

「ストレス」と聞くと、どんなイメージでしょうか?
あらゆる病気の根源ともいわれているし、胃が痛くなるとかもあるのかもしれません。

ただ、この「ストレス」。
人間は、これがないとまたダメなんだそうですね。

たとえば、「○○までに・・」というような、期間を切られること。
これもストレス。
「いくらで・・」というのも、ストレス。
そして、このストレスがかかった状態で、人間は本性が出るとか。

なにより、『ストレスのない生活』と言われますが、現実、生きていればストレスがないということはないのでしょうが、精神的に圧迫がないと、堕落してかえっておかしくなってしまうんだそうですね。

自由を求めて自由を得ると、次には何かを求める!
要するに、人間は貪欲なんだな・・と感じます。

皆さんはご自身のこと、どう思われますか?








プライスター日本版30日間無料

たまにはこんな話も

先日、名古屋に来たら何を食べたらいいですか?という質問を受けました。

「味噌カツか味噌煮込みのどちらをすすめます?」という内容。

答えに困りますよね。
どちらも名古屋人なら普段から食べますので。
そしてなにより困るのが、どこをおすすめしますか?と聞かれたとき。
地元民が食べるお店って、決して観光客相手のお店と合致しないわけで。
なにより、地元密着のお店で、名古屋駅周辺のお店はよくわからないのが本音です。

そして、名古屋ではこんなラーメンもありますよ。
台湾ラーメン。

IMG_9069

これは本家のものではないですが、結構、いけました。
こういうマイナーグルメも挑戦してみてください。



弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組


愛犬の関節トラブルに特化した関節専門サプリメント『毎日散歩』




 

市街化調整区域②

昨日に引き続き、市街化調整区域の件について。

市街化区域か市街化調整区域かを選ぶのは、随分と前に選択であったことはお知らせの通りですが、調整区域で問題になっているのは、この調整区域内の土地を相続した場合です。

結局、調整区域の土地を相続しても、いまの若い方はほとんどが勤めに出ていて、農業に従事していない。
ということで、ほとんどが休耕田であったり、農作物を作付けしていないのが現状です。

その土地の税金が倍になるとすると、多くの所有者がその土地を手放すかどうか考えますが、売るに売れないのが調整区域内の土地だそうです。

では、調整区域を市街化区域に変更するにはどうするのか?
これ、道路を一本通して、土地改良すればいいんだとか。

ところが、それすら簡単に決まらないのが田舎の難しいところみたいですね。

この先、どうするんだろうな??

地元の議員さんのお手並み拝見です。





終身保険と定期保険

ほとんどの方が加入している生命保険。
現実的には、単に3つの種類しかないのですが、各社で表現が違ったり、生命保険と損害保険があったりで、よくわからなくなっている方も多いと思います。

保険は実は、定期保険と終身保険、それに養老保険の3つに分けられます。

養老保険は、わかりやすく言うと、学資保険に代表されるように、一定期間の払い込みで満期となり、貯まった金額を受け取る保険です。

では、定期保険とは??
「一定の期間の保険」という表現でどう受け取られるでしょうか?
自動車保険をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれませんが、1年経過すると事故があってもなくても更新が来ます。
事故があれば、一定等級の引き上げ、事故がなければ引き下げ。
それを10年に延ばした、生命保険版というとイメージがつくでしょうか??

それでは終身保険とは??
実は、終身とはいえ、ある年齢で消滅というか、満了します。
つまり、105歳(のはずです)で保険金が支払われます。

終身だから死ぬまで保障がある!ではないです。

小ネタとして使っていただけるといいかな??





ツーリングのテクニックって?

3月11日

なにをおいても、忘れてはいけない日のうちの、1日だと思います。
3月11日。

名古屋からは東北寄りも神戸の方が近く、阪神淡路大震災の方が思いが強いかといえば、正直、東日本大震災の方がより忘れてはいけない感を強く感じています。

決して神戸のことを軽く見ているわけではないです。
が、神戸の時はあの津波がなかったからなのでしょうか?
津波の怖さ、すごさを痛感させられて気がします。

あれから5年。
いまだに復興した感がないことも、思いを強くさせているのかもしれません。

保険の仕事を初めて1年が経過した頃でした。
名古屋でもすごい揺れを感じました。
クルマの中で、「何ごとが起きた??」と状況がわからず、おろおろしていた気がします。

すぐにテレビに切り替え、確認しました。

その後に津波が襲ってきました。

保険業の人間として、なにができるか?ではなく、なにをすべきか?を学んだ気がする3月11日。

契約者の方をまわって、消息確認し、残念ながら亡くなられた方には給付しと、東北のメンバーはそれこそ自分の家族よりも契約者の方をまわっていたそうです。

そうすることが、自分ができる最低限で最大限のことと認識しました。

名古屋もいつ、大地震が襲ってくるかわかりません。
そんなことがないことを祈りつつ、もし、そんな事態になったら、なんとしても自分は生き延びて、契約者の方をまわろうと思います。

自分の立ち位置を再確認できる3月11日です。