野球を見ていて思うこと

甲子園も終わり、夏の終わりを感じる今日この頃です。

ただ、最近の高校野球を見て感じるのは、エースが完投することってほとんどないですよね。
マー君や斎藤佑樹、松坂大輔らの時代、普通に投げていた気がしますが。(松坂はPL戦の次は投げなかったですけど)

名古屋人の私が感じたのは、最近のエースを無理させない起用方法、昔、東邦高校にバンビ坂本さんがいました。

結果、1年生で甲子園に行き、決勝で敗れ、その後、甲子園に出ることも、野球で取り上げられることもなくなりました。

結局、坂口監督はこの時の経験からなのか、甲子園に出ても控え投手に投げさせ負けるということを繰り返していました。
それが、東邦高校を追い出された理由とは思いませんが、坂口さんは東邦に恨みこそあれ、よくは思ってないでしょうね。

ところで、その野球で感じることがもうひとつ・・。
問題のシーンです。
dra16072415580004-p3

バレンティンの空振りです。
以前、ロッテのホワイトセルという選手でも問題になりました。

が、続いて
vale1

ドラゴンズの杉山捕手は、「後ろに下がるしかない」と言っているようですが、ここにも野球が変わってきたポイントがある気がします。

かつては、高めのストレートで空振りを取るのが投手の美学でした。
最近では、低めで空振りかゴロを打たせる。

打高投低と言われる時代。
やむを得ないんですかね??

ちなみに、キャッチャー用のヘルメットを最初に見たのは、ドラゴンズの中尾捕手でした。
自分たちが中学・高校時代、普通に帽子をひっくり返すだけ。

今にしてみれば、めちゃくちゃ危険でしたが、さっき書いたように時代が違うのかな?





東邦高校

昨日の甲子園、東邦高校のサヨナラ勝ちにはびっくりしたというよりも、感動しました。

毎年この時期、愛知県民であることを思い出させてくれる、甲子園。

ただ、愛知県代表は、なかなか甲子園で結果が出せなくなっていました。
他府県が強くなったこともあるでしょうが、愛知県の予選が過密すぎます。

そんな中で、今年は藤嶋投手を筆頭に意外といける気がしていましたが、さすがに昨日は「もうダメかな?」と思っていました。

ところが、大逆転のサヨナラ勝ち!

逆転負けを喫した光星の選手には申し訳ないですが、とりあえず東邦、愛知県の中学校出身者ばかりということに加えて、最近の流れに逆行するかの如く、右打者ばかり!
それも、結構、気にいってます。

最近は、猫も杓子も左打ちにしていますが、はたして、個人の特性を生かした転向なのか気になります。

もう少し、夢を見させてもらえるかな??
20160814-00000556-sanspo-000-14-view





SMAP解散と谷繁解任

国民的アイドルグループSMAPが、今年の大みそかをもって解散するとか・・。

年明けのごたごたから、なにがしかあるだろうと思っていましたが、結果こうなりましたね。

正直、香取、草彅、稲垣の3人が、解散派で、木村が存続派。
中居は中立ということでしたが、まともに考えて、草彅・稲垣が解散に積極的だったとは思えません。

過去に事件を起こしてもいるし、彼らの立場がこうしていられるのも、SMAPありき!としか思えないので。
どう見ても、後ろで糸を引いている存在がある気がしてなりません。

転じて、中日ドラゴンズの谷繁監督が解任されたことにつなげてみたく・・。

おそらく、この解任人事にも裏で操作している存在があるでしょう。

そういうと、多くの人が落合GMでないかという発想になります。

ただ、私個人は、落合GMの入れ知恵ではなかったとしか思えず。
それに加えて、落合批判が多いのは知っていますが、どちらかといえば、落合擁護派です。

理由として、名古屋の地方の球団という感覚から、常勝チームにしたのは紛れもなく落合監督。
星野が阪神に行ってやったことも、OBに固執しないことでした。

結局、大胆なことをすると、とにかく反対分子が多く発生するということ。

私自身は、SMAPでは木村支持派です。
彼も、人気ゆえにやっかまれます。

結局、日本人はやっかみで生きているというのを強く感じます。

で、落合GM、多分、谷繁を見切ってはいたと思いますが、今年いっぱいはこのままの考えだったんじゃないかな?と思います。
ファン目線という理由で監督解任でしたが、そういう意味では、同じ名古屋で、グランパスの方が先でないかと思っていました。
岐阜のラモス監督が切られましたから。

グランパスもドラゴンズも、本当に勝てません。

ただ、あくまで個人的な意見ですので、他意はないですが、谷繁さんが自分で選んできたコーチ陣は、あくまでも自分の仲良しであったという事実。
横浜時代の仲間で固めてしまっていました。

はっきりいって、名古屋のファンと呼ばれる方々は、この人事も納得できなかったでしょうね。
OBがほとんどいない。
それでいて、結果が出ない。
それではファンはついてこないだろうな・・と。

SMAPの黒幕は誰だかわかりません。
ドラゴンズの人事のキーマンもわかりません。

が、どちらにも感じることは、なにか、損得で得をする存在があるように感じます。

結局、人間は損得勘定でしか動かないのかな?

ただ、世の中、そんなにうまくはいかないというのも事実です。

SMAPにもドラゴンズにも注目していたいと思います。

九州、復興!

谷繁解任に見る、名古屋的感覚

中日ドラゴンズ谷繁元信監督が休養という事実上の更迭。
bb-su-150710tanishige-ogp_0

名古屋人から見ても、「どうしてここまで勝てないのか?」と不思議なほど、勝ち運に恵まれない感じ。

結局、「谷繁、辞めろ!」の声が多くなりすぎて、今回の解任劇につながった感じです。

が、感じるのは、自由にできなかったとか言われますが、そんなのは言い訳にならないわけで、勝てなかった以上、責任問題は言われるでしょう。

転じて、サッカー界を見てみると、同じ名古屋のチームが大低迷。
親会社のトヨタ自動車もあきれているようですが、こちらは監督休養は今のところなし。

ドラゴンズ、グランパスに共通は、ベテランをクビにして、チームの変革をしようとしていたところ。
見事失敗。

そして、ファンも短絡すぎるし、しばらく低迷するかもしれません。
落合監督時代、試合がつまらない!といって文句をいい、高木さんになって負けだすと、勝てない!とぼやき、谷繁になってもっと勝てなくなると、監督が悪い!

応援団に問題があって、球団主導になりました。

そこからドラゴンズの低迷が始まった気もします・・。

九州に行くのも、復興支援ですよね!

野球の故障・・その対策

前回、自分の故障について書きました。
今回は、その対策というか、対応についてお書きします。

最近、耳にするようになったことで、「肩甲骨はがし」とか、「筋膜はがし」というのを聞かれたことはないですか?

単純に、肩甲骨の動きをよくすることのようですが、動きとしてはこんな感じですが、結構グロいです。
立甲

で、どうやらこの動きが野球肩の人間にも役に立つみたいです。

以前、中日スポーツの記事で、吉見一起が「鎖骨を意識的に動かせますか?」と言っていたことがありました。

この立甲についても、実は理学療法士の後輩に聞いた話。
そして、その後輩曰く、「立甲というのも、足の指が広げられるか?」というのと一緒だというのです。
結局は、肩甲骨の動きが鎖骨を動かすので、言っていることは同じこと!とのこと。

そして、この肩甲骨を動かしてみると、確かに野球の時に動きがよくなります。
が、それまで動かしていなかった、肩甲骨の内側にある筋肉を動かすので、あらぬところが筋肉痛になります。

それも、数日の練習で意外なほど効果がありました。(あくまで、私個人の意見ですが)

一度、試してみる価値はあるかと思います。

野球の故障・・上方関節唇損傷

私が、肩の故障をしたのは、いまから20数年前。
当時は、軟式野球連盟とソフトボール連盟との交流ということで、ソフトボールでの対抗戦をやっていました。

ただ、通常の大きさのボールでは、ソフトボール連盟の方が有利ということで、さらに大きな4号球での対戦。

当然、重いし握れません。

そんなボールを投げる瞬間にやっちゃいました。

ただ、その当時、いまほどスポーツ医学もスポーツ整形も整っておらず、チューブを引っ張るか、走って治すという感じでした。

それからどれくらい経ったか記憶がないですが、スポーツ整形が増えてきて受診。
MRIで上方関節唇損傷との診断。
いわゆる、SLAPと言われるケガです。
プロの選手も多くやっているようですね。

ちなみにMRIの機械。
mri-10

 

 

 

 

 

 

 

ところが、半年通院しましたが、改善が見られず、病院側は一度、手を引きました。

半年の間に、いろんなつながりもでき、違うスポーツ整形を勧めてもらいました。

その病院では、MRIではなく、エコーが使われていました。
bc_ph03

 

 

 

 

 

プロ野球選手も診ているという先生は、エコーであっさり病名を判断。
ここにも、半年以上通ったかな?
結果、治りませんでした。

年齢的に、手術をしたら、リハビリが大変だからやめましょう!という理由で。

いまの若い人たちはうらやましいですよね。

ケガをしないことも大事ですが、おそらく無理だと思います。
ただ、無理をせず、受診することも大切です。

31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法~これで脂肪肝、無呼吸症候群も改善~

野球と故障

野球って、本当にケガの多い、というか、故障の多いスポーツだと思います。

どうして故障が多いのか?と言われると、サッカーほどきつくない。
それゆえ、毎日のように練習をして、試合も続く。
投げる時の肘を見てもらうとわかりますが、あり得ないことになってます。
top

そりゃ、肘もおかしくなります。

ただ、以前、ある記事で読んだことがあるのですが、「ゴルフにしろ、野球にしろ、どんなスポーツでもきつい姿勢でやらないとうまくならない」と書いてあったのを思い出しました。

勉強も運動も、楽には身につかない。ということでしょうか。

次回は、自分のことですが、肘・肩をやっちゃった人間として、書いてみます。

pillow

少年野球と左打者

しばらく、野球ネタですみません。

ただ、気になることもあるし、しばらくお付き合いください。

今日、少年野球の指導のお手伝いをしてきました。
総勢15名。

そこで、ふと気づいたことが・・
左打ちが多いこと・・

見てみる限り、元々左打ちだったんだろうな・・と思えるのはほんの数名。
あとは、きっと親が左打ちをすすめたんじゃないかな?としか思えない。

こうなるとなにが起こるか、察しのいい方はお気づきでしょうが、左投げのピッチャーが出てきたら、お手上げです。

左打者が左投手を苦手にするのは、どうしてか?
そうです、単に練習ができないからです。

つまり、左投手がいるチームであれば、左打者が左投手の練習もできる。
さらに、左投手が左打者の練習もできる。

左の好投手がいるチームが強くなる構図がここに完成!となってしまいます。
無理に左打ちにする必要はないですが、どうもイチローが要因のようですね。

憧れるのはいいですが、彼になれるはずもなく。

親の夢を背負わされた子供さんが、ちょっとかわいそうな気もします。
inaba

 

 

 

 

 

 








高校野球・・夏の予選

高校野球、母校の予選を観戦に行ってきました。

初戦は近所の高校に勝って、次は商業高校。
商業高校はこのところ、男子生徒がなかなか入学せず、部員集めに苦労していると聞いていたので、ここも突破か!と期待していました。

それに、瑞穂球場ということで、いままで観戦もプレーもしたことがない球場。
毎朝、通勤電車で出会う後輩を連れて行ってみました。
IMG_9249

 

 

 

 

 

 

 

 

 
結果は・・・世の中、そんなに甘くないですね。
完封負けでした。

IMG_9314

それも、7回コールド。

来年は、違うアングルから見られるようにしてみようかなと思っています。

まだ間に合う、夏・秋の旅!
jaran

ホテル代が最大、全額OFF!
expedia

高校野球

愛知県も高校野球の予選が始まりました。

以前は、母校の応援と言ってもほとんど行ってなかったのですが、ここ最近、観に行っています。
だんだん、昔を懐かしむ年齢になってきました。

私たちの頃は圧倒的に強かった、大阪のPL学園も休部になりました。
これも時代の流れでしょうか??

ただ、個人的に感じるのは、「古豪復活!」

特に愛知県は、やっぱり「中京」「名電」「東邦」が強くないと面白くないです。
というか、甲子園で勝てない・・。

今年は、最近、全くだった「享栄」も復活してきたとか。
楽しみにしたいと思います。