要らない保険

今日は、要らない保険っていうことをお伝えします。

昨日、保険が必要ないというのは本当だろうか?ということを書きました。
個人的には、保険は必要というスタンスです。
が、必要がない!というのではなく、過剰な保障を持っている!ということがあるのではないか?ということです。

よくあるケースですが、新社会人となり、会社に来る保険会社の方から保険に新規で加入。
それから結婚、お子さん誕生などを経て、お子さんが社会に出るまでの間、なんだかんだでそのまま継続されている方が結構います。

かつては右肩上がりで給料も増え、それでもいい時代があったのも事実ですが、現実的に賃金が下がっている昨今。
かつてのように10年ごとに更新で値段が上がるのは、加入者として現実的ではありません。

さらに言えば、60歳か65歳を迎えると、ほとんどの保険が保障が下がるか、保障がなくなります。

私の知人も、65歳になり、保障が下がっていることに気づいて連絡をいただきましたが、健康状態でご加入いただけませんでした。

以前にアタックしたのですが、ご自身がいまのでいい!ということだったので、意思を尊重し、そのままにしておきました。

ところが、病気をされ、現実を見たときに困られたようです。

ぜひ一度、ご自身の保険に関して、少し興味を持ってもらう。
あるいは、気のおける知り合いに話をしてみる。
など、されてみてはいかがですか?

それに、以前と違って営業マンと話をしても、すぐに加入させられるようなことはありません。
それを含めて、支払いを減らすチャンスです。

ご検討を。





そろそろ本格的にUVカット!


 

保険は必要ない??

今日はビールサーバーの日。
それに、ミツバチの日です。
ビールも最近では発泡酒や第3のビールなど、種類も増え、そして健康面でも配慮された糖質ゼロやカロリーオフなどが増えていますね。
おまけに、ノンアルコールまで・・・。
やっぱりビールの雰囲気は大好きなんじゃないでしょうか?
「とりあえず、ビール!」は不変なんですかね??

さて、最近、「ガン保険はいらない!」とか、「保険会社の職員だけど、保険に入っていない」とかで、保険は必要ない!と唱えている方がいます。

当然、仕事柄、保険がいらない!と言わないのが当たり前!と思われるでしょうが、私のトークのきっかけは「いらない保険に入っていませんか?」です。

かなりの方が、本当に必要か?と思えるような保険に入っているのは事実です。
例えば、独身で〇千万円の保障に入っていたり、お子さんがすでに結婚されているにもかかわらず、昔の保障のままだったり。

そういう意味でのいらない保険はあるかもしれません。
が、特に「ガン保険が要らない!」という言葉には違和感を感じます。

なぜか。
要らないという方は、ほとんどがガン未経験です。

ガン経験者のセミナーに何度か出たことがありますが、「ガンを治すのに必要なのは、医者でも患者の意思でもなく、『お金』です」と言われます。

その治療のお金を負担してくれるのが「保険」です。
昔ながらの入院ありき!というガン保険で大丈夫!とは言いません。
が、治療して社会復帰するまでを支えてくれるのも、「保険」にほかならないです。

くれぐれも、ちょっと見た記事や文言に流されないでほしい!と説に感じます。

 

これもありかも

使ってみる価値あり








単語アルゴリズム全知能記事作成ツールKIJIN


【7+English】~60日完全記憶英会話~ 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

株主優待券

今日は世界一周記念日。
もっとも、私には世界一周は縁のない世界かな・・。

ところで、最近、定年退職を過ぎて、自適に生活している方にお目にかかったときに聞いた話です。
それも、おひとりではなく2人に聞いて同じことを言われたのでお伝えを。

ご存知の通り、最近の日本の株式市場は乱高下を繰り返していて、その動きは為替相場とリンクしている気がします。
ただ、ではどう動くのか?と言われても、正直、全く読めないのが現実ではないかと思います。

そんな中で、そのおふたりが言われたのは、「株で儲けるんじゃなくて、株主優待でなんか食べに行った方が正解のような気がするから、そっちの株を買った!」とのこと。

おひとりは、孫のためにマクドナルドを、もう一方はご夫婦ように和食レストランの株を購入。

売買で儲ける気などさらさらなく、ちょっとした贅沢であったり、孫のための上手なお金の使い方だな・・と。

確かに、株取引で資産を増やすことも重要かと思いますが、実際に儲けているのはほんの一握りの方たちのみ。
であるなら、変に投資するより、じっくり構えるその姿、なんだか大人な感じがしました。

もちろん、余裕があるからこそできる技ですよね。








できたらうれしい!英会話!

隠れ炎症

今日は「サンゴの日」
私はスキューバダイビングをやったことはないですが、きっと沖縄とかで経験すると、きれいなんでしょうね。
一度、経験してみなくては。

さて、今日取り上げるのは、「隠れ炎症」
通常、炎症とは体内に侵入した異物を免疫細胞が攻撃したときに生じる、生体防御反応です。

ところが、この隠れ炎症、慢性炎症の中でも「自覚症状がない小さな炎症」のことを指します。

隠れ炎症度チェック

意外と当てはまる項目があるのではないでしょうか?
ちなみに私、男ですが、結構当てはまりました。
そして、疲れがとれないとか、シミが多くなっています。

40歳以上の方は要注意とか。
一度、チェックしてみてください。



やっぱりできるようになりたい!英会話

為替相場

生活習慣はまず運動から!と、健康を意識して運動を始めよう!という方も多いと思います。
ですが、私の知人にもいましたが、「ジムで運動するから、普段は動かなくてもいい!」と、ほとんど歩かない人がいました。
残念ながら、ちゃんと普通に動いてこそのジムでの運動です。
やっぱり、1日8000歩と言われます。
それくらいは歩きたいですね。

ところで、みなさんは為替相場を気にされたりすることはありますか?
FXをやっているとか、海外と取引があるとかでもない限り、意外とスルーされているのではないかと思います。
(テレビではよく報道されているんですけど。)

そもそも、「円高」とか「円安」っていうのは何を基準にしているかといえば、あくまでも前日と比べてとか、前年に比べてとかで、ある基準価格があってそれに対してどうなのか?という判断ではないところが、つかみどころのない理由ではないでしょうか。

私も外貨での保険を販売している身です。
みなさんが、外貨に対する拒絶が出るのはわかるのですが、といって、いまの日本円が本当に大丈夫なのだろうか?と言われると、ここにもたくさんの「???」がつく気がします。

このところ、113円程度で推移しています。
110円を割ったら買って、110円を超えたら売る。
のように、ご自身で基準を決められたらいいと思います。

なんにしても、ご自身で経験してみないと、どんなものかわからない!のまま過ぎていきます。

円だけでもダメですし、外貨だけでもダメだと思います。
ぜひ、円と外貨の2本立てでご自身の資産を守る・作るをされたらいかがですか??





PEACHJOHN

まもなく終了!

どうして保険なのか?

今日は3月3日。
ほとんどの人は「ひな祭り」メインでしょうが、「耳の日」でもあります。

最近は、突発性難聴など耳に関する病気も増えています。
ストレス社会、どこにどんな症状が出るのかまったく読めません。
ストレスはどうしてもかかるものです。
上手に発散したいですね。

さて、最近は銀行の窓口でも保険のおすすめがされています。
私自身も保険の業界に身を置くものとして、お伝えできることがあればと思います。

現状、銀行で保険をおすすめする最大の理由は、「マイナス金利」に代表されるように、銀行が顧客からお預かりしたお金が増えていかないこと。が大きな要因です。
先般読んだ記事では、「正確には、預金者が銀行にお金を貸していて、そのお金を銀行は企業などに融資する。そして、その貸したお金に利息をつけて企業から返済してもらい、その差益を顧客に利息としてお返しする。」と書いていました。

なるほど、一理ありますが、今現在ははっきり言って、融資をしても怖い。
日銀に預けてもマイナス金利。

つまり、お金を持っていてもうまく活用できない状況になっています。

そこで、銀行も企業として利益を上げる必要があります。
保険を販売することで手数料収入を上げ、企業を存続させているわけです。

ところが、最近はいろいろな保険のお店が乱立しています。
どれだけ顧客の情報を持っているとしても、簡単には売れません。

なので、質より量とは言いませんが、とにかく声をかけているようです。

ただ、銀行の窓口ですから、売ることのできる商品が決まってきますが。

保険を使った資産運用や、相続対策。
気になることがありましたら、ご連絡ください。

やっぱりAmazon!

楽天もあります!


やっぱり幸せになりたいですよね

私も乗り物酔いがひどくて・・

 

クイックポスト

はやいもので、今日は3月2日。
「ミニの日」だそうです。
ミニっていうとどんなものを連想されるでしょうか?
クルマのミニもあるし、ミニカー、ミニスカートなどそれぞれ連想するものは違いますよね。
私は、ミニチュアというと、ウイスキーのミニチュアボトルを思い出します。

さて、皆さんは郵便はよく使われますか?
最近では携帯電話の普及により、書面によるやり取りは思い切り減っていると思います。
メールもありますが、最近ではLINEをはじめとした無料通信アプリも普及し、手書きによる文章のやり取りはほとんどないかもしれません。

とはいえ、私も仕事上で郵便による資料の送付や、やり取りもあります。

以前は、ヤマト運輸のメール便という「信書はダメ!」と言いながら、非常にグレーな通信手段がありましたが、これは利用者の問題だと思いますが、廃止してしまいました。

私もよく使わせていただいていたので、非常に残念ではありますが、以前勤めていた会社でこのメール便を使って送付したところ、運送事故に遭い、紛失ということが起きました。

郵便の書留と違い、責任の追及ができず、非常に困った覚えがあるのを思い出しました。
現実、最近お付き合いのある運送会社のドライバーさん曰く、あのメール便はかなり雑な扱いを受けていたようですね。
ある面、なくなっても不思議はないとまで言われました。

その後、なにを使おうか迷っていたところで見つけたのが、この「クイックポスト」
利用料金は全国一律164円。
メール便に比べると若干値段は上がりますし、定形外よりもちょっとお高い。

ただ、重さ1㎏まで送れるので、使い道はいろいろあります。

問題は、Yahoo!ウォレットでしか決済ができないこと。
Yahoo!会員でないと使えません。

どうしてこんなことを書いたかというと、実は先日、土日にも配達してくれるし、速達より安価という理由で、レターパック360というのを使ったんです。
手渡しでなく、自宅ポストに投函でもあるし。

ところが、追跡したところ、持ち帰りになっている。

なんでかな?と思ったら、郵便ポストに入らない場合、直接手渡しになるようで。
結果、普通郵便と変わらないタイミングでの到着となりました。
(むしろ、遅いくらいです。)

そんなわけで、なんのためにレターパックを使ったのかわからなくなりました!という、失敗談を提供させていただきました。






オリンピックまでに英会話!

マイクロビーズ

今日は閏日でしたね。
4年に一度の日。
私のお客様のお子さんも、4年前のこの日に生まれていて、初めての本当の誕生日を迎えられたわけか。
おめでたいですね。
ちなみにイギリスでは、この日だけは女性からプロポーズが可能で、男性は断れないとか。
一大事の日ですね。

このところ、問題になっているそうなのがマイクロビーズ。
いったいなにもの?と思われるでしょうが、洗顔スクラブなどに含まれるプラスチックです。

このプラスチック、下水処理でも処理されず、川や湖、はたまた海に流れ着いたマイクロビーズが化学物質を吸着し、その化学物質を吸着したマイクロビーズを魚が食べ、その魚を人が食べる。
という、恐ろしい食物連鎖が起きるんだそうです。

アメリカではすでに、このマイクロビーズの使用を禁止する法律ができているそうです。
日本はまだ法整備されていないそうですが、個人として使わない選択をする必要がありそうですね。



1日30分で月10万円??

東京オリンピックまでに間に合う??英会話??

値上がりしそうなもの

今日は「バカヤローの日」だそうです。
普段貯まったストレスを、大きな声で吐き出すことでストレスの解消になります。
一度、試してみては??

さて、この春もいろんな値上げが待っているそうです。

東京ディズニーランド&リゾートが500円値上げ。
紹介状なしの大病院の初診料
たばこ
水道代・・など

だからと言って、なにかの対応をするかといえば、たばこをやめるはあるにしても、ディズニーに行かないとか水を使わないは無理な話。
病院も行くつもりはなくてもいかなくちゃいけなくなれば、行かざるを得ない。

ならば支出を抑えることも重要になってくるかと。
保険の見直しで、毎月の支出を減らせるかもしれません。
いつでもご用命ください。

それ以外にも、こんなグッツの利用も必要ですね。






プロフィットせどり2


【7+English】~60日完全記憶英会話~ 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

 

依存症

今日は新選組の日なんだそうですね。
1862(文久2)年のこの日、京都で江戸幕府が武芸にすぐれた浪士をあつめてつくった武力組織、新撰組の前身「壬生(みぶ)組」が結成されたそうです。
はじめは20名程度だった組織が、3年後には10倍の200名になっていたとか。
人が集まってできる力って大きいですね。

ところで、いまだに報道番組で取り上げられている〇原元プロ野球選手の薬物依存。
元来、人間は忘れる生き物だと思うのですが、薬物の快楽は脳に残って、繰り返してしまうんだそうですね。
薬物もそうですが、ある面、一部の宗教問題にも似ている気がします。

そして、薬物依存に負けないくらい厄介なのが、ギャンブル中毒ではないでしょうか。
世界的に見て、ギャンブル中毒の患者が一番多い国が日本とか。

日本人は、幼少の時代から「真面目にコツコツ」働くことが美徳という教え乞うてきています。
とはいえ、やっぱり大きなお金も得たいもの。
ところが、諸外国と違い、投資というものを身に付けていないので、負けると
「次回、取り返す!」となり、どんどんつぎ込む。
はたまた一度おいしい思いをすると、「夢よ!もう一度」とばかりにつぎ込む。

一説には、その人が持つにふさわしい金額というのがあり、それを超えて持ってしまうとおかしくなってしまう。という話もあります。

その金額の壁が、日本人は低いのかな・・。

とすると、日本人はやっぱり「真面目にコツコツ」が一番賢明なんでしょうか?
そうだとしたら、上手に買い物して、お金を残すとか、出費を抑えるというのも重要になってきますよね。

保険も見直すことで、毎月の支払いをおさえることができます。
一度、考えてみられてはいかがですか??

それと上手に買い物も。