日本人の特長

今日はバレンタインデーでしたね。
チョコレートがもらえるもらえないで一喜一憂する年齢でもありませんが、ないと寂しいです。
もっとも、日曜日ですし、世の女性の方々にとっては、余分な出費をせずに済んだので、よかったのかもしれませんね。

さて、このバレンタインデーもそうですが、日本人って本当にいろんな海外の文化を独自の文化に変えるのが上手ですよね。

クリスマスなんて、すでに日本の文化でないでしょうか?

そして、新たなイベントを作り出すのも非常に上手な気がします。
例えば、最近の盛り上がりを見せたイベントとして、恵方巻なんて言うのがあります。
あれもそもそもは関西で海苔を消費してもらうイベントとして始まったものが、どんどんと日本全土に定着していきました。
今では全国的に盛り上がっているのではありませんか?

そんななか、今日、知人の団体が行っているねこの譲渡会を見てきました。
それを見てきて、やっぱりこれを紹介しないわけにはいかないです。

Print

うちにも迷い込んできた猫がいます。
小さな命を大事にしてあげたいです。

その命を見守るためにも、自分自身が健康である必要がありますよね。







a8mat=2NDYD4+FG2VSI+34MQ+BXYE9″ target=”_blank”>




 

発想の転換からの視点

昨日はごぼうの日だったそうです。
食物繊維が豊富なごぼう、胃腸をきれいにして悪玉腸内細菌の繁殖を防ぐとか。
ただ、残念ながらどんな料理方法があるのかよく知らず、作るとしてもきんぴらくらい。
いい調理法がありましたら、教えてください。

さて、いままではちょっと自分の身の丈に合わない難しいことを書きすぎていた気がします。
これからは肩ひじ張らず、自分の伝えられること、その日のことなどをつらつらと書いていきます。
どうぞお付き合いを。

さて、先日、発想の転換の事例を載せましたが、生き残るための知恵ってあると思います。

おそらく人間も、住む地域によって必要な筋肉が違う、肌の色が違う、目の色や髪の色が違うなんて言うことが起こってきたのではないかと思います。
生き延びるための進化でもあるのかも。

そういったことが医療の世界でも普通に起きていますよね。
子供の頃に習ったことが、あとになって否定されたりしています。
いい例が歯磨きですよね。
私の場合、子供の頃は「縦」に磨けと習いましたが、いつの頃からか「横」磨きで、どちらかといえば、1本ずつ磨くようなイメージになりました。

そして、そういった医療の変化に伴って変わっていくものに、保険もあります。
これまでと違う治療方針になったり、方向になったりするわけです。

「保険も生もので、時代とともに変化しますよ」とある先輩がいっていました。
なるほど!と感じたのは言うまでもありません。

皆さんはご自身に合せて、カスタマイズされていますか?
ずっと放っておいてはもったいないこともありますよ。









発想の転換

今日は建国記念の日。
日本国としては、祝日ということでお休みの方も多いのではないでしょうか?
我が家周辺も昨日までと打って変わって、随分といい気候になっています。

ところで、週の途中に休みがあると普段とリズムが変わって、おかしなことになっていませんか?
言い伝えで、夜、眠れないときは羊を数えるといいと言われていますが、現実には脳を活性化させてしまい寝付けなくなるんだそうですね。
ご注意ください。

さて、昨日、マイナス金利について書きましたが、日銀のこの政策は本当に失敗だったのでしょうか?
考え方を変える、あるいは見方を変えると必ずしもそうとばかりも言えない気がします。

ちょっと話がそれますが、最近の若い方って、免許証をとらないとまではいいませんが、クルマを持っている人がかなり減っています。
そこで困っているのが、郊外型のラブホテル。
クルマがないわけですから、当然、来ることもできない。

ところが、ここ最近、中国からの爆買いツアーが大流行しています。
名神高速道路に一宮インターがあるのですが、通ったことのある方ならおわかりかと思いますが、一宮インター周辺には乱立しています。
(ただ、一宮インターの近くなので一宮市にあるかと思うと、あの多くは稲沢市にあるそうで、一宮市民は結構、怒ってました。)

一般の若い方が無理なら、その中国からのツアー客を取り込もうと、改装してファミリーにも受け入れてもらえる作りに変えているとか。

名古屋地区は、以前は小牧に名古屋空港がありましたが、その名古屋空港の目の前にあるホテルは、ある時、突然と対象をカップルからビジネス客に変更。
結構な利用者がいたと聞きました。
(ただ、セントレアになってから、また元の形態に戻った気がします・・)

つまり、見方を変えればチャンスは作れる気がします。
マイナスの今だからこそ、視点を変えて、銀行だけで考えるのではなく、そして、円という通貨だけでなく、海外の通貨も判断材料の一つにするいい機会ではないかと感じますが、皆さんはどう思われます?





 

マイナス金利

暖かいと言われていたこの冬も、最近はずいぶんと冷え込んでいる気がします。
そんな中、そろそろふきのとうが顔を出す頃になってきましてね。
ちょっぴり苦い味は、子供の頃は嫌でしたが、最近ではそれもいい味と感じるようになりました。
そんなものですかね??

さて、いよいよ世の中がマイナス金利時代に入りました。
銀行にお金を預けても増えない時代の到来です。
下手をすると、手数料を取られる。

こんな時代になると、銀行さんもそろって「保険でお金を増やしませんか??」なんて話を持ってくるようになります。
とはいえ、銀行さんの場合、担当の方が異動になったりなかなかちゃんとした提案ができなかったりします。

ぜひ、保険を専門で扱っている方に話を聞かれてみてはいかがですか?
私もその一人。
大切な財産をお守りするお役に立てると思います。





病気の治療

ストレスは万病の元・・・私たちが普通に生活しているだけで、ストレスにさらされています。
解消する方法は各人各様ですが、自分にあったストレス解消を見つけてみませんか?
運動してみるのもよし、趣味に走るのもよし。
上手にストレスを解消して、楽しみましょう!

さて、病気の治療について、みなさんはどんなイメージがありますか?
いいお医者さんを見つける。
いい病院を探す。
などなどあると思います。

ただ、気をつけないといけないのは、いまはお医者さんが専門的になり過ぎてしまい、専門の先生を見つけ出す必要があります。

いち個人でそれをするのは非常に大変。

では、どうやっていい病院、いいお医者さんを見つけるか?

その解決方法が、皆さんが加入している生命保険です。
生命保険に専門医を紹介してくれる制度がついている可能性があります。
一度、確認されてみてはいかがですか?

腸 超快!~根こそぎカラにする5つのルーティーン



医師の言葉

今日は立春。
陰暦の正月に当たります。
東洋の占いの世界でも、春分を境に変わることが多いんだそうです。
ちなみに旧正月は2月8日。
ある意味、今日からまた仕切り直しもありですよね。

さて、「医師の言葉」って聞いて、どう捉えられましたか?
実はこれ、いまの世界に入ってから、意外と考えさせられたことがあります。

「健康診断の結果から、念のために薬を飲んでおきましょう」とか
「予防のために、薬を出しておきますね」
と言われた方、多くないですか?

実は、これらの言葉を言われた方は、ほぼほぼ病気にかかっていると思われた方がいいです。
「念のため」とか「予防のため」と言われたので飲んでいるだけで、別に病気ではない!と言われる方も結構います。

が、残念ながら病気でなければ薬を出すことはない!と思っていただいた方がいいです。
少し高めなので、念のために出しておきますね。という言葉は、病気なので薬飲んでくださいね。という意味だと認識する必要があります。

高血圧、糖尿病、痛風などなど、いろいろありますが、お医者さんが言った言葉を額面通りに受け取ると痛い目に会いますよ。

「んっ?」と思われた方、一度、確認されてみるといいかと思います。




天皇家にも採用! 元東京大学出身の治療家が推奨している薬を一切使わない最新糖尿病改善プログラム 



 

コーヒーでガン予防??

今日は節分でしたね。
皆さんは豆まき、されましたか??

あの年の数だけ食べるという豆。
地域によって、満年齢で食べるところもあれば、数えで食べるところ、それぞれに違いがあるんだそうですね。
皆さんの地域はいかがですか??

さて、今日はコーヒーでできるガン予防です。
コーヒーの摂取量とガンの発生を調べた機関があり、コーヒーを摂取することで、肝がんが抑えられるという話題が出ています。
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/274.html

コーヒー好きの私にとっては、非常に興味深い話。

だからといって、コーヒーを飲んでいれば安心というわけではありませんから、その点の誤解のないように。

3か月で20キロの減量。やるしかない?

ガンの予防法

今日は何の日?
実は今日は生命保険の日だそうです。
なんでも、1882年の今日、生命保険の受取人第1号が発生したことが報じられたそうです。
皆さんも、保険がきちんと機能しているか、確認してくださいね。
さて、今週はガンについて書いてきました。(すみません、途中、体調不良で抜けてしまいました。)
では、そもそもガンにならないためにどうするのか?を書いてみます。
1.たばこは吸わない
2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
3.お酒はほどほどに
4.バランスのとれた食生活を
5.塩辛い食品は控えめに
6.野菜や果物は不足にならないように
7.適度に運動
8.適切な体重維持
9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
10.定期的ながん検診を
11.身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12.正しいがん情報でがんを知ることから
いま、ガンはかなりの確率ので治る病気になってきています。
つまり、早期に発見して早期に手当すれば、十分に根治もできます。
億劫がらずに、きちんと定期検診を受診してください。
誰のためでもなく、ご自身のため、そして家族のためです。
ひとりではない!ということを再確認ください。

上皮内新生物

肌荒れの原因ってなんだと思われます?
実は、顔の洗い過ぎや濯ぎ過ぎ、保湿のしすぎも肌トラブルの要因になるようです。
なにごとも、ほどほどに。。。

さて、今日はガンの中でも上皮内新生物についてお知らせします。

上皮内新生物とはいったいなんぞや?となるんではないでしょうか。

実はガンには、悪性新生物と上皮内新生物と呼ばれるものの2つに分けられます。
いわゆるガンは、悪性新生物。
上皮内新生物は、上皮内にとどまって基底膜を超えて浸潤していないガンのことを言います。

通常、上皮内新生物は病変組織を完全に切除すれば、100%完治し、再発の危険性はないと言われています。

ここで気を付ける必要があるのがガン保険。
多くの保険会社では上皮内新生物と悪性新生物を分けていて、上皮内新生物の場合、給付が半額になったり、全く出なかったりなどの差があります。

一度、確認してみられてはいかがですか??

部位別ガンの罹患率

早食いがどうしてダメなのか、いまいちど、おさらいです。
早食いをすると、満腹中枢の刺激が食欲をおさえる前におなか一杯に食べてしまいます。
ゆっくり噛んで食べることで、食事量を抑えられるということで、早食いはよくないということのようです。

ところで、昨日、ガンは遺伝子に傷がつくこととお知らせしました。
といって、遺伝子に傷がつかないように努力すること自体、普通の人間には無理な話。
では、どの部位にガンができやすいのか?から、どのように予防していくかとつなげていきたいと思います。

日本人の男女では、ガンに罹患する部位は若干違いがあります。

男性は、胃、大腸、肝臓の順。
女性は、乳房、大腸、胃の順になります。

ただ、これも年代によって違いがあったり、時代とともに部位が変化してきています。
特に大腸については、食生活の西洋化が影響しているのか、ここ最近、急激に増加。
死亡原因としては、胃がんを抜いて2位に浮上。

死亡原因としては、肺がんが1位ですが、上記の通り、順位が変わっています。

明日は、ガンの予防法について、お伝えします。

アメリカ大統領の通訳だった方が教える英会話入門!