水害と保険の関係

先週、九州地方で大雨が降り、大きな爪痕を各地に残しました。

被害に遭われた皆さんが、一刻も早く日常を取り戻せるようにたいしたことはできませんが、すこしでも協力できればと思っています。

そして、こんな時に不謹慎と思われるかもしれませんが、こんな時だからこそ、お知らせしたいのが、みなさんがご加入の火災保険です。

火災保険と水害の関係がどこにあるんだ!と思われる方もいらっしゃるでしょうが、実は、水害を保障してくれるのも火災保険です。

保険屋として、みなさんに協力できるとしたら、みなさんご加入の保険がちゃんと水害に対して保証が出るかということ。

心配だから確認したい!という方がいらっしゃいましたら、連絡先を明記の上、コメントにてご連絡ください。(非表示にしてありますから、ご心配なく)

ただ、私自身が愛知県尾張地方の人間です。
その点はご考慮いただき、ご連絡いただけると幸いです。

みなさんの役に立つための保険が役に立たないでは話になりません。
一度、確認されてみてはいかがでしょうか??


(写真は今回の九州のものではありません。)

この夏、いろいろ試してみませんか??

http://kurashinooyakudachi.net/page-706/

通販型

人気があるのかないのか、正直なところ現状がわからない通販型の保険。

確かに、金額的な魅力はあるようです。

ただ、よくよく確認しなくてはいけないことがあります。
例えば、車をどのように使っているか?によっては、既存の保険会社の方が安いとか、等級によっても、また年齢条件によっても必ずしも通販型が安いとは限らない。

それと、金額の部分だけが選択の基準でもないことを、今回、痛感。

「誰に頼む?」も大きな要素ですね。

咳喘息

この1ヶ月間、咳が止まらず、特に夜間の咳き込みで睡眠時間は取れない。
声がままならないので、仕事もおぼつかない状況でした。

さすがに1週間近くの休みで回復すると思っていたのですが、自宅近くの耳鼻科で処方してもらった薬がほとんど効果なし。

セカンドオピニオン的に、呼吸器専門の病院を受診してみました。

CT検査、レントゲン、呼気検査、肺活量と調べられましたが、結果、「咳喘息」という診断に。

ネットや知人の話から、『黄砂の影響』のようですが、同じような症状で受診されている方が多数いらっしゃいました。

気になる方、呼吸器専門の病院を受診されることをお勧めしますが、まだ数が少ないようです。

参考に、私の受診した病院です。

http://www.kiyosu-kokyuki.jp/haruhi/
いろんなにおいが気になり出しますね

長寿と向き合う概念

世界最高齢女性が、残念ながら他界されました。
http://www.asahi.com/articles/ASK4J4RTDK4JUHBI00H.html

ただ、その女性の生活を見ていると、考えさせられることがたくさんあります。

記事の中にもありますが、卵を毎日3個食べていたとか。
一時期、卵は1日1個までと言われていた通説をまったく覆す内容ですし、この記事には出ていませんが、野菜はほとんど食べていなかったということです。

つまり、「野菜を摂れば健康で長寿になる」と言わんばかりの現在の学説を根底から覆す生活をしていたわけです。

100年前の日本人は世界最強の体力を誇る民族だった!昔の日本人は尋常じゃなかった…


これも、今の医学界からすれば、「ありえない!」という世界の話だと思います。

人間の浅知恵には、まだまだ人間そのものが抵抗している。
そんな気がします。

足首の捻挫と睡眠

先日、不注意で足首をひねってしまいました。

15年くらい前に、かなり派手に痛めて、それ以来、クセのようになってますが、今回、結構痛い。

元来医者嫌いで、滅多なことで医者には行かないのですが、今回はさすがにちょっとやばいかな・・?と、医者ではなく接骨院に通院しました。

結果、4回の通院が必要に。

そこで聞いた話は、足首の捻挫、特に、私のようなクセになっている場合はどのように対処するのがいいのか?というと、足の指でタオルなどをつかみ、足首を上げ、タオルを放すという行為を繰り返すと、足首が鍛えられるとか。

その上で、私のように足の指が広がらない場合は、努力して指が開くように訓練する必要があるんだそうです。

身近にも結構、足の指が広がらない知人がいます。
やっぱり、人間が退化してきているんですかね~??

そして大事なのが、休養。
特に睡眠。
簡易CPAPで快眠を経験してみませんか??

メーカーごとの…

先日、知人がバッテリーをあげてしまい、救援することになったのですが、もともとT社系の自動車関係で働いていた私。

ところが、バッテリーがあがったのが、H社のハイブリッド。


その上、所有者はどうやらおかしいのは「リモコン」の方だと思い込んでいて、車両本体と思っていない。

なにはともあれ、ブースターで繋いでみる。
ビー!ビー!ビー!…とクラクションがけたたましくなる。

ここで問題。
普通であれば、エンジンをかければこのアラームは消すことができるはず。
ところが、完全に逝ってしまっているようで、クランキング自体、してくれない。
となれば、このクラクションを消すには、トヨタで言う「オートアラーム」を解除する方法を取扱説明書で探してみるんですが・・・ない。

トヨタとホンダで盗難防止装置の呼び名が違う。

その昔、いまでは「ABS」と統一になっていますが、トヨタは「ALB(Anti-Lock Brake)」といっていたのですが、ホンダさんや日産さんが「ABS」で大々的に展開したので、トヨタもそちらに流れた記憶があります。

やっぱり、いろんな機能については、各社で統一した方がいいと思うんだけどな・・・。
そう思うのは、私だけでしょうか?

花粉症

私自身、ひどい花粉症ではない!と思っているのですが、やはり症状があるようです。

私のように、「花粉症と認めない!」と言っている人も多いようですね。

ただ、花粉症というと鼻水とかくしゃみというイメージですが、私の場合、頭痛なんです。
最初、花粉の影響とは思っていなかったのですが、調べてみるとどうやら花粉が影響しているようです。

花粉による鼻づまりで呼吸に問題が出るとか。
そんなこと言われても、マスクを装着しても、現実、そこまでの期待は無理です。
結局、マスクって、「付けている!」という自分の満足感なんですかね??

三大疾病

保険に携わる身として、これについてはお伝えしておかなくては。

最近の保険では、特定の病気、いわゆる三大疾病にかかった場合、翌月からの保険料の引き落としが免除されるといった、保険料免除特約というのが拡がってきています。

ガン、心臓、脳の病気で、多くの場合、その後の就労に制限がかかったりします。

ただ、この「三大疾病」という言葉でまとめられている病気ですが、会社によって、その範囲はバラバラです。

こっちの会社では、この病気は対象外だ。
とか、
あっちの会社は、これも対象だ。
みたいな。

単に、毎月の保険料だけでなく、「なにをどうしたい」という明確な意図がないと、どこの保険に入るか?が決まりません。

ただ1つ言えるのは、「保険に入らなきゃ…」と思った時が加入のタイミングです。

そろそろ、これの季節ですね

業界の常識=社会の非常識?

私自身も陥っていそうでちょっと怖いんですが、「自分たちの当たり前」は、普通の人にとって「異次元の世界の話」だったりすることないでしょうか?

例えば、結婚したら奥さまのために保険に入る。
とか、子供さんが出来たら、お子さんの保険に加入する。

業界人にとっては、その節目というのは完全に「商売のタイミング」になってしまっている気がします。

そして、それがお客さまである一般の方との見解のズレとなり、軋轢ができる。

どんなに美辞麗句を並べようと、「売ること」=「自分が儲かること」の構図は間違いないわけです。

なので、「悪徳営業マン」や「悪徳不動産屋」と呼ばれる存在ができる。

そしてまた不思議なことに、そう呼ばれる人からみなさん買う。
買ったあとで、「あの人、悪徳営業マンだったわ…」となるわけですが、やっぱりそういう方は商売上手なんでしょうね。

自分への戒めも込めて。

花粉症対策、してますか?

アレルギー

みなさんは、アレルギーはお持ちじゃないですか??

かくいう私、特にアレルギーはないつもりでしたが、年齢を重ねて乾燥肌やじんましん的なしっしんにさいなまれる日々です。

ただ、なんとか花粉症はいまのところなりを潜めていますが、いつ発症するかわかりませんからね。

特にこの花粉症、いろいろな対処法があり、その中でも最近、話題になってきたのが、鼻腔内のレーザー治療。

一時的にやけど状態にする感じなのでしょうか?
そのことで、花粉を感知させなくするようですが、この治療、かつては医療保険の対象だったのですが、いまでは対象から外されています。
理由は簡単、毎年、治療を受ける必要があるから。

やはり体質改善が大切ですよね。

こんな方法もありですよね。