花粉症

私自身、ひどい花粉症ではない!と思っているのですが、やはり症状があるようです。

私のように、「花粉症と認めない!」と言っている人も多いようですね。

ただ、花粉症というと鼻水とかくしゃみというイメージですが、私の場合、頭痛なんです。
最初、花粉の影響とは思っていなかったのですが、調べてみるとどうやら花粉が影響しているようです。

花粉による鼻づまりで呼吸に問題が出るとか。
そんなこと言われても、マスクを装着しても、現実、そこまでの期待は無理です。
結局、マスクって、「付けている!」という自分の満足感なんですかね??

三大疾病

保険に携わる身として、これについてはお伝えしておかなくては。

最近の保険では、特定の病気、いわゆる三大疾病にかかった場合、翌月からの保険料の引き落としが免除されるといった、保険料免除特約というのが拡がってきています。

ガン、心臓、脳の病気で、多くの場合、その後の就労に制限がかかったりします。

ただ、この「三大疾病」という言葉でまとめられている病気ですが、会社によって、その範囲はバラバラです。

こっちの会社では、この病気は対象外だ。
とか、
あっちの会社は、これも対象だ。
みたいな。

単に、毎月の保険料だけでなく、「なにをどうしたい」という明確な意図がないと、どこの保険に入るか?が決まりません。

ただ1つ言えるのは、「保険に入らなきゃ…」と思った時が加入のタイミングです。

そろそろ、これの季節ですね

業界の常識=社会の非常識?

私自身も陥っていそうでちょっと怖いんですが、「自分たちの当たり前」は、普通の人にとって「異次元の世界の話」だったりすることないでしょうか?

例えば、結婚したら奥さまのために保険に入る。
とか、子供さんが出来たら、お子さんの保険に加入する。

業界人にとっては、その節目というのは完全に「商売のタイミング」になってしまっている気がします。

そして、それがお客さまである一般の方との見解のズレとなり、軋轢ができる。

どんなに美辞麗句を並べようと、「売ること」=「自分が儲かること」の構図は間違いないわけです。

なので、「悪徳営業マン」や「悪徳不動産屋」と呼ばれる存在ができる。

そしてまた不思議なことに、そう呼ばれる人からみなさん買う。
買ったあとで、「あの人、悪徳営業マンだったわ…」となるわけですが、やっぱりそういう方は商売上手なんでしょうね。

自分への戒めも込めて。

花粉症対策、してますか?

アレルギー

みなさんは、アレルギーはお持ちじゃないですか??

かくいう私、特にアレルギーはないつもりでしたが、年齢を重ねて乾燥肌やじんましん的なしっしんにさいなまれる日々です。

ただ、なんとか花粉症はいまのところなりを潜めていますが、いつ発症するかわかりませんからね。

特にこの花粉症、いろいろな対処法があり、その中でも最近、話題になってきたのが、鼻腔内のレーザー治療。

一時的にやけど状態にする感じなのでしょうか?
そのことで、花粉を感知させなくするようですが、この治療、かつては医療保険の対象だったのですが、いまでは対象から外されています。
理由は簡単、毎年、治療を受ける必要があるから。

やはり体質改善が大切ですよね。

こんな方法もありですよね。

頭浸浴

頭浸浴って耳にされたこと、ありますか??

先日、ラジオでこの話題が出ていたので試してみました。

確かに、気持ちいいですね。

いろんな入浴法が紹介されていますが、どれも長続きしないのが問題かも。

とはいえ、やってみることに意義があるのかもしれません。

どうやって出かけるか、考えることが大事ですよね。


結石と水道

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

どんなお正月をお過ごしになりましたか?
ちなみに今日は鏡開き。
お正月のお餅は、消費できましたか?
我が家は、まだのしもちが残っていますが、ゆっくりと完食していきます。

さて、年末に結石の話を書きましたが、結石と水道の話が出たので、ちょっとご報告をいたします。

義理に姉が看護師なんですが、「小牧の水は、結石ができやすいみたい・・」と話していました。

もちろん、何の根拠もないので一概に言えませんが、そういった病院関係者の都市伝説はあるようです。

気になったので、あげておきます。
suidou_l
速読で記憶力アップ!受験にも、資格試験にも!
まだまだ地震は心配ですね。持ち出し品の用意は万全ですか??

腎臓結石

結石は、できている部位によって腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼び名が変わるようです。

私の場合、まだ腎臓の中にあるそうで、腎臓結石ですが、腎結石の場合、通常は数ミリの場合、自然に排出されるケースが多いようです。
kidneystones01
だからといって安心というわけではないですが、そういえば随分と昔に、祖父が結石があって、自然に排出されたという話をしていたのを思い出しました。

やはり、血は争えないということか。

数年前にも指摘されたのですが、その時は翌年の人間ドックでは排出されたようですと言われ、そこまでだったんですけどね。

そして、前回も今回も勘違いしていたのが、結石はシュウ酸カルシウムという名前から、カルシウムが主成分かと思って、牛乳とかは摂取しないようにしていたのですが、むしろカルシウムは摂取した方がいいんだとか。

人体の不思議です。

痔というと、「病ダレに寺」と書くのですが、どうしてこう書くのか?と調べてみたら、「寺」という字に『保つ』とか『じっとしている』という意味があるんだそうですね。
つまり、肛門まわりに「じっとしている」病気ということのようです。

お客様に言われたことですが、「痔というのは誰しもが持っていて、それが症状として出るか出ないかだけですよ」とのこと。

そして、その痔で最近聞いた話をお伝えします。

彼はまだ25歳。
おしりから突如、膿のようなものが出たそうです。
話を聞いてみると、どうやら最近の洋式トイレの普及でお尻周りの筋肉が退化して、腸が下がってきているとか。

話をまとめると、痔というよりも、直腸脱みたいな感じなんでしょうか??
ji
最近では、若い人を中心にかなり罹患者が増えているようです。

結局、昔からの和式のトイレにも良さがあるようですね。

また、最近の若い方は和式のトイレを使わないですね。
先日、妻と買い物に出かけた際に利用した時のことですが、「今の若い子は、和式は使えないんだね」と言ってきました。

「???」と思っていたら、どうも妻は和式を使ったようですが、後に並んでいた若い人たちは、洋式が空くまで待っていたそうです。

私が高校生くらいまでは、「誰が座ったかわからんようなところに座れんわな」と言っていたのは、遠い昔の話のようです。




高齢者の事故

ここにきて高齢ドライバーの事故が取り沙汰されています。

正直、いまさら急に増えているわけではないとは思いますが、確かに気になります。
なんとなく、意図的な報道という感は否めませんが。

そんな中で、特に気になったのが先般起きた、福岡での事故。


どうやら、社外品のフロアマットを使っていた可能性があり、それが巻き込んだのではないか?という話ですが、実際のところはわかりません。

個人的には、ひょっとして左足でブレーキを踏んでいたのではないか?という疑念はありましたが。

左足ブレーキ、推進している人もいるようですが、構造的に、左足でブレーキを踏みづらくなっているのがいまのクルマ。

あまりお勧めする行為とは思えないのですが、ネット上では結構な支持があるようですね。
事故が起きてからでは遅いんですけど。

おせち、もう用意されましたか??

人の慣れ

人って、慣れの動物と言われます。

つまり、多少の困難があっても、続けていくとそれが普通になったり、物足らなくなったり。

私の高校時代、担任が言っていたのが、「苦痛を苦痛と感じなくなるくらい追い込む!」と言われていた気がします。

当時の新設校ならではの話ですが。
この慣れ、いいことであらば問題ないのですが、先月発生した福島県沖の地震で、実際に津波警報が出たにもかかわらず、避難をしなかった人が多かったと聞きました。

現実的に、大きな被害はなかったですが、これはなかったからそう言えるわけで、もし大きな津波が来ていたら?と思うと、怖いです。

それを誘発するのもまた、マスコミ。

「先程、福島県で大きな地震がありました。それでは現地を呼んでみます。」って、おかしいですよね。

避難しろ!と言われているんですから。

こういった報道合戦も、変な安心感を生んでしまっていないか、気になります。

報道の在り方も、信じられなくなる理由の一つですかね。

年賀状、終わられました??