ホワイト企業とブラック企業

最近というわけでもなくなりましたが、ブラック企業という言葉をよく耳にします。

それが広がって、ブラックバイトなんて言う言葉まで出てきています。

はたして、どんな会社がブラック企業なんでしょうか??

実は、以前に勤めていた会社がブラック企業だ!と就活生らが利用するサイトに出回っているとか。
では、誰がブラック企業と呼ぶのかというと、ほとんどがその会社を退職したある意味、OBたちがそんなことを吹聴しているのが現状のようです。

私自身は、決してブラックではない気がしているし、辞めたとはいえ、嫌いな会社ではないです。

ところが、多くの退職者はブラック企業といい、それがまことしやかに伝わってしまっている。

そんな折、その会社に他社から研修名目で来られた方と話をする機会がありました。

その方に聞くと、「ブラック企業と言われているのは知っていましたが、残業代もきちんと払われているし、環境も悪くない。
どうしてこの会社をブラックというのかわからない。それも社員の方が・・」とおっしゃいました。

つまり自分たちの会社がブラックだという思い込みが社員にも根付いてしまっている。

きっと、外に出たら、今の会社の方がよかったことに気づくんでしょうね。

そもそも、ホワイト企業なんてあるんでしょうか?というのが、私の個人的な見解です。
001

iPhone7

毎年、この季節になると出てくるのが新型iPhone。
今年のモデルは、iPhone7だそうですね。
iphone

 

 

 

 

 

 

私自身はいまだに5Sです。

今回の7では、suicaなどに対応してきたようですが、もしiPhoneが故障したら、なにもできなくなるわけで・・。
いろいろな機能が載ることはありがたい反面、万が一の時に困るのも事実です。

特に、東京では電子マネーがずいぶんと普及しているようで、それに対応するためにAppleが追加した機能みたいですから。

とはいえ、まだまだ地方ではそこまで電子マネーも浸透していないですよね。
ところが、日本ではマスコミの報道はすべて東京基準。
先般の都知事選報道がいい例ですが、日本国民の4分の3は関係ない話。
それでもどの局にチャンネルを変えても都知事選でしたね。

ある面、日本の平和を象徴しているのかもしれません。

ところで、まだ5Sを使われている方もいらっしゃると思うのですが、最近、バッテリー残量の表示がおかしいのですが、みなさんはそんなことはありませんか??

6%と出ているのであわててつなぐと、35%とかになる。

なんででしょうか???

結局、人って・・保険の節約でお金の節約

昨日、スーパーに買い物に行って感じたのですが、野菜の値段が上がっていますね。
特に、大根の値段の高いこと。

こういう時に感じるのは、舛添要一さんが都知事を辞任する際に言われた「せこい」というの言葉に凝縮されている気がします。

「ケチ」というとちょっと言葉がきついかな?と思いますが、意味は一緒ですよね。

仕事柄、毎月の保険料を節約するお手伝いをしています。

ただ、保険加入の現状を聞いてみると、「知り合いに保険屋さんがいたから」とか、「職場に来ていた保険屋さんに勧められたから」とか、自発的な話になりません。

家の次に高い買い物と言われる保険。
hm-img03
一度、じっくり考えてみてはいかがですか?
できる限りの対応をいたします。

img_0765

あれから16年

9月11日というと、世界的にもアメリカ同時多発テロのイメージが強い日付と思いますが、われわれ名古屋人にとっては、その前年に起きた東海豪雨の日でもあります。

9月11日の昼間から降っていた雨が降り続け、翌12日の明け方、近くの新川堤防が決壊。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

甚大な被害をもたらしました。

当時住んでいた家は、くるぶしくらいまで道路が冠水しましたが、その程度で済みましたが、現実には、会社に行くこともできず、その日は家から出ることもできませんでした。
一番ひどかった西枇杷島町を通過して会社に行く必要があったので。

この画像は、当時の勤務先が取引のあった自動車学校。
tokaigouu-12

教習車が全滅して、まわりの学校から車を借りて教習されていました。

今年もあちこちで雨による被害が出ています。

結局、何か起きてからしか対策をしてくれないのが行政。
そして、避難勧告が出ても「どうせたいしたことはないだろう・・」とタカをくくってしまい、避難しない人も多いのが現状。

もし、なにもなければそれはそれでいいではないですか。
被害があったら、自宅で残っていても救助されるのがいつになるかわかりません。
食事も来ない、トイレも使えない。

自然災害の恐ろしさ。

きちんと認識してほしいなと思います。


その時の流行り

先日、お客様のところで話していたことなんですが、建物にも流行りがあって、その時代でいろいろ特徴があるようです。

例えば学校。
私の母校もそうだったのですが、なぜか外来者の玄関が2階にあった。
school

昭和50年代に建設された学校の多くは、どういうわけかこの手の建物なんだとか。

そして、一般家庭でもある年代から使われ出したサイディング。
siding-morutaru

これが問題で、何年かで劣化し、塗り直しをする必要が出てくる。
施工業者に聞くと、「モルタルの方がよかったのに・・」と言われても、当時、そんな知識もなく、言われるがままに建てたらあとから出費が。

そして、お風呂もそう。
床の材質によって、カビの生え具合も違うそうで。

ただ、どうやってもカビの発生を防ぐことは無理。
ちゃんとふき取ることが大事だそうです。

いくら水をまこうが止められない。
(水をかけても、菌の活動が止まるだけで、温度が戻れば活動再開という話も)

結局、手間をかけなきゃダメなんですね。

目の付け所

先日、お客様のところでおもしろい話を聞きました。

このお客様、アルファードVからヴェルファイア、ヴェルファイアと乗り継ぎ。
「すごいですね!」と声をかけると、『これは投資の意味で代えている』とのこと。

業界の方ならわかる話ですが、一般の方にはわからない話ですよね。

簡単に言えば、クルマを買って数年乗って、それをそこそこの値段で売る。
そのタイミングは難しいですが、うまく売れば、ほとんど追い金なしで新車が買えるという話。

で、気になって調べてみたら、この辺がいいみたいです。
vellfire

まず、ヴェルファイア
ただし、「屋根、革、マルチ」が必須条件だそうです。
そうすると、新車で買うとなると・・・ひとすじなわには行きません。
次に意外なクルマがいるそうです。

premio

プレミオ
ピンポイントでこのグレードの5年落ちまでだそうです。

これに近いクルマでは、

%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc

シルフィー

プレミオとシルフィーは、東南アジアでタクシーに使われるようですね。

お金の活かし方っていろいろあるんですね。
この話、しばらく追跡してまた載せようと思います。

iPhone7が出ますね。











最新の報告の信ぴょう性

仕事柄、いろいろな方とお話しする機会があるのですが、「牛乳を飲んではダメ!」という話題が出ました。

正直、その話題についての知識がなかったので、ふんふんと聞いていたのですが、帰宅して調べてみたら、どうやらある世界的権威が”牛乳は有害である”的な表現で執筆をされたようです。

必然的に、酪農協会が反発するのは当然です。
結果、調査に対する質問状が送付され、その回答は、「科学的根拠はない」という回答だとか。

なにゆえ、このような話になったのかといえば、それまで牛乳を意識して飲んでいた学者が、体調が悪くなり、牛乳をやめたところ体調がよくなったことからこの論争になったとか。

その昔、世界のホームラン王である王貞治さんは、疲れを取るには牛乳だと言って、いつも牛乳を持ち歩いていたという話を聞きました。

なにがいいたいかというと、最新の報告とか調査と言っても、はたしてどこまで信ぴょう性があるのかということ。
STAP細胞で問題になった小保方さん。
結局、再現できないということでほぼ追放のようになりましたが、ドイツのチームが再現に成功しているとかいう話もあります。

つまり、「最新調査」という言葉にすぐに乗ってしまってはいけないのではないかということ。
極端な話ですが、「おばあちゃんの知恵袋」的な、言い伝えの方が正しいことも多いのではないでしょうか。

image_php

http://kurashinooyakudachi.net/page-383/


交通事故時の動きと対応

皆さんは交通事故に遭われたことはありますか?

多くの方は、交通事故に遭われたとしても、1回とか、事故をしたのはずいぶん前で・・という話になるように感じます。

かくいう私は、昨年9月に事故に遭いました。
全損の事故でしたが、事故のその場では特に問題なく、警察に対応し、クルマを修理工場に。
代車を受け取り、帰宅しました。

ところが翌日、頭痛・吐き気と影響が出てきました。
やむなく医者に行きましたが、そりゃもうぞんざいな扱いで・・。

そして、過去と変わっているのは、いわゆる接骨院での診療を不可としている点。
整形外科からの紹介での診療であれば可能のようですが、そうでないと受け付けてくれません。
(これについては、事情がいろいろあります。詳細は、お伝えする機会があれば)

これらからおつたえするのは、交通事故に遭ったら(起こしたら?)
まず警察に電話(もちろん、重症で電話できない場合は除きます)
保険会社に連絡を入れる
救急車で病院に行く

ここまでは当日に確実に実施しましょう!

ネット保険の案内をしようと思いましたが、やめておきます。(あまり評判よくないので)

Auto accident involving two cars
Auto accident involving two cars

野球を見ていて思うこと

甲子園も終わり、夏の終わりを感じる今日この頃です。

ただ、最近の高校野球を見て感じるのは、エースが完投することってほとんどないですよね。
マー君や斎藤佑樹、松坂大輔らの時代、普通に投げていた気がしますが。(松坂はPL戦の次は投げなかったですけど)

名古屋人の私が感じたのは、最近のエースを無理させない起用方法、昔、東邦高校にバンビ坂本さんがいました。

結果、1年生で甲子園に行き、決勝で敗れ、その後、甲子園に出ることも、野球で取り上げられることもなくなりました。

結局、坂口監督はこの時の経験からなのか、甲子園に出ても控え投手に投げさせ負けるということを繰り返していました。
それが、東邦高校を追い出された理由とは思いませんが、坂口さんは東邦に恨みこそあれ、よくは思ってないでしょうね。

ところで、その野球で感じることがもうひとつ・・。
問題のシーンです。
dra16072415580004-p3

バレンティンの空振りです。
以前、ロッテのホワイトセルという選手でも問題になりました。

が、続いて
vale1

ドラゴンズの杉山捕手は、「後ろに下がるしかない」と言っているようですが、ここにも野球が変わってきたポイントがある気がします。

かつては、高めのストレートで空振りを取るのが投手の美学でした。
最近では、低めで空振りかゴロを打たせる。

打高投低と言われる時代。
やむを得ないんですかね??

ちなみに、キャッチャー用のヘルメットを最初に見たのは、ドラゴンズの中尾捕手でした。
自分たちが中学・高校時代、普通に帽子をひっくり返すだけ。

今にしてみれば、めちゃくちゃ危険でしたが、さっき書いたように時代が違うのかな?





お家芸と練習量

オリンピックも終わり、高校野球も閉幕。

夏の一コマが終わり、秋が来るんだな~と感じる今日この頃です。

さて、オリンピックでは史上最高のメダル数を獲得!
日本中が沸きました!
個人的には、男子100m×4のリレーに感動!
日本人男子がトラック競技でメダルを取れるとは思っていませんでした。
東京はさらに期待ですね。

ところが、そんなうれしい話の裏側で、残念なことも。
お家芸と言われていたマラソンと女子バレーがなんとも・・
20120801top2
20160708-00010004-yrioolym-006-3-view
中日スポーツにも出ていましたが、小出監督曰く「練習不足」

マラソンに関しては、選考方法にも問題があるようですね。
東京までに改められるんでしょうか??

ドラゴンズの谷繁監督、グランパスの小倉監督と名古屋のプロスポーツの監督が相次いで解任されました。

どちらも感じるのは、お友達人事だったこと、そして、かつての練習量をこなしていない感じだったこと。

オリンピックを見ても感じましたが、シンクロにしても結局は練習量だった気がします。

やっぱり日本人は、ひたすら耐えることで力が出るんですかね??